【剣盾S7 最終26位】 アシレカバミミ

こんにちは てこてこです
この記事はS7で使用した構築について構築作成者の話をベースとしつつ自身の使用感を交えて文章化したものとなっています

【結果】
TN なぎさ 最終26位
使用者:てこてこ (@disguised__)
構築作成者:すのーほるん(@Yukibue_Poke)

【構築】
f:id:tekoteko_poke:20200701072331j:plain

【構築趣旨】

f:id:tekoteko_poke:20200701074309p:plainf:id:tekoteko_poke:20200701074320p:plainの初手性能の高さ&@2に選出する際の詰め筋として優秀なf:id:tekoteko_poke:20200701074511p:plainf:id:tekoteko_poke:20200701074521p:plainに着目し、この三体を基本選出とした

【個体解説】※各数値は理想値で記載
f:id:tekoteko_poke:20200701081453p:plain 控えめ 185(236)-84-94-187(188)-136-91(84)
突撃チョッキを持たせることでFCロトム(の裏)にも確実な削りを入れることが可能になったりと打ち合える範囲が広がる。1.5枚以上取れると判断して初手にダイマを切る展開もしばしば

f:id:tekoteko_poke:20200701082130p:plain 腕白 215(252)-132-167(108)-×-111(148)-64
物理打点に積極的に投げて裏を通す展開に誘導することを目指す。単体での詰ませ性能よりも裏と合わせた際の詰ませ性能を優先して怠けるではなく吹き飛ばしを選択した。最高のクッション

f:id:tekoteko_poke:20200701082654p:plain 意地 159(228)-144(164)-110(76)-×-126(4)-121(36)
エースバーンが一致鋼打点を獲得したことが向かい風であったが現環境でこれ以上の詰め筋はないと思わせてくれる性能であった。

f:id:tekoteko_poke:20200701083513p:plain 無邪気 193(236)-140-127(252)-120-85-181(20)
ギャラドスやアーマーガア等の上記の三体では対応が難しいポケモンを誤魔化す駒として採用した。アシレーヌが初手で対面した際に不利な展開となるゴリランダーやパッチラゴンが見受けられた場合の初手の選択肢でもある。

f:id:tekoteko_poke:20200701090057p:plain 呑気 181(252)-114-201(252)-×-137(4)-23 (※s個体値2-3)
同系統の構築に対してのカバルドンよりも優秀なクッションとして採用した。環境が固まってきたこともあり、どの構築にもナットレイを起点にする枠が存在するため扱いが難しいと感じた。挑発ギャラに対して強く出るための10万ボルトの採用も一考

f:id:tekoteko_poke:20200701091129p:plain 陽気 155-168(252)-96(4)-×-95-188(252)
ビルド思念型で採用することにより構築全体で強く誘うドヒド絡みを誘い殺しできる。

【感想等】
夢御三家解禁の影響によるラプラスカビゴンの個体数の減少とそれに伴う一撃技被弾数の減少のおかげで、ストレスの少ない環境で対戦を楽しむことができた。
S8から環境が大きく変わるためこの記事にどれほどの価値があるか分からないが構築作成者への感謝の意を込めて構築記事を書くこととした。

【すぺしゃるさんくす】
色々とお世話になったりお世話したりした
すのーほるんさん
すのーまんさん