【剣盾s10 最終2101/50位】珠ゲンガー+詰め

こんにちはてこてこです
s10で使用した構築について書きます

【結果】
TN なぎさ 最終レート2101/順位50位

【使用構築】
f:id:tekoteko_poke:20201001120407j:plain

【構築経緯】
初手ゲンガーの処理をダイジェット(+ラムの実)に依存している構築に対して初手出ししてダイアタックを打つことで有利を取れる珠破壊光線ゲンガーに着目し、詰め性能に優れる襷ホルードとスカーフアシレーヌを添えて軸とした。@3には相手のゲンガー入りに対して初手投げするラムパッチラゴン、単体で崩しを行える鉢巻ウーラオス、選出を誘導しやすいモロバレルを採用した。

【個体紹介】
・ゲンガー@命の珠 ※キョダイマックス個体
臆病131-×-81(4)-182(252)-95-178(252)
シャドボ/ヘド爆/破壊光線/滅びの歌

ダイアタックを持つことで相手のダイジェットポケモンと打ち合えたり、裏で縛る動きが安定するようになったりと構築全体の対応範囲を広げることができた。滅びの歌の枠は小さくなるラッキーピンポ感が否めなかったため環境によっては一考の余地あり。

ホルード@気合の襷
陽気161(4)-108(252)-97-×-97-143(252)
地震/じたばた/電光石火/こらえる

終盤になるにつれじたばたとこらえるをケアした動きが増えて動きづらさがあったものの安定した勝ち筋としてシリーズ6環境では重宝した。

アシレーヌ@拘りスカーフ
臆病157(12)-×-95(4)-176(236)-139(20)-121(236)
アリア/ムンフォ/サイキネ/ハイドロカノン

hd c182の威力90一致毒技を乱数一つ切って耐え
s スカーフ込で110族抜き

対戦終盤に想定外の動きを押し付けてeasy winを拾うことを狙ってスカーフを持たせた。詰め性能に加えて最低限の初手性能とダイマ適正もあり痒い所に手が届く型であった。

・パッチラゴン@ラムの実
陽気166(4)-152(252)-110-90-90-139(252)
電撃嘴/逆鱗/火炎放射/燕返し

こちらのゲンガーを選出しづらい構築に対して選出した。

・ウーラオス@拘り鉢巻 ※キョダイマックス個体
陽気175-182(252)-121(4)-×-80-163(252)
暗黒強打/インファイト/燕返し/雷パンチ

面を整えてダイジェットを打つ勝ち筋が強力であると感じたため燕返しを採用。一体で勝ちに待って行けることが多い反面、何も考えずに選出すると頓死してしまうため扱いが難しいポケモンであった。

モロバレル@黒いヘドロ
図太い 221(252)-×-134(252)-105-100-51(4)
ヘド爆/守る/光合成/胞子

終盤になるにつれダイジェットやダイサイコが役割対象から飛んでくることが増えたため最終日の選出は0であったが、選出されるマリルリ等がダイジェット持ちと断定できたりとメリットもあったのでなんとも。

【選出】
ゲンガー(パッチラゴン)+ホルードアシレーヌウーラオスから2体

f:id:tekoteko_poke:20201001130242j:plain
f:id:tekoteko_poke:20201001130438j:plain

【おまけ】
ここから当たったモジャハピキツすぎて涙止まらんかった
f:id:tekoteko_poke:20201001132616j:plain

~感謝~
社会人なのにニートに飴いっぱいくれたすのほさん